±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

義母も手放し中

茶道具も手放すのは悩みます width=


義母は自分たちのものを少しずつ手放していこうとしていると話をしてくれました。

なかなか実の娘では無い分、手放した方が良いとアドバイスしづらいので、義母自身が片付けようとしてくれているのはありがたいと思います。義母は元々片付け嫌いでは無いので、ある程度まとまっています。

 

来年80歳になる義母はその年代の人並みにものを持っています。お茶の御道具や着物や帯を手放したいけれども、なかなか売るのに踏ん切りがつかないと言っていました。

私は今年の春に着物と帯は買取りしてもらいました。買った時には数十万円したものが数千円にしかならなかったのは、本当にショックでしたが、需要の無いものは買取り価格がつかないことが勉強できました。あの時に踏ん切りをつけなければ、今でも使っていないのに箪笥の引き出しの中を占領して邪魔だなと思っていたと思います。

洋服はくたびれたのがよく分かるから、手放しやすいと言ってました。

 

義父が入院中にもかかわらず、きちんとものの片付けをしているのは素晴らしいと思います。何も無くても面倒くさくなってしまい、片付けや手放しは目を背けたくなります。

夫はあまり義母が頑張って片付けていると生前整理で先が長く無いみたいで少し嫌だなと言っています。
そういう風に取ると切なくなってしまいますが、これから先に生きていく上で必要なものだけで身軽に動いてもらいたいから、不要なものは手放してもらえたら良いなと思っています。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村