±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

手入れできる分だけのスペースを持つ

手入れできるだけのスペースを持つ


近所で良くしてもらっている自分の親世代より少し上の方がいます。

元々三世代同居していたお家なのでとても大きいです。今風の間取りにすると5LDK+納戸でしょうか。

 

子どもが小さい頃には、お孫さんと一緒に広い庭でよく遊ばせてもらいました。

家を建てる時には息子が二人いるからと頑張って二部屋子供部屋を用意したけど、巣立つのはあっという間だと話してくれました。

ほとんど帰ってこない息子さんの部屋を綺麗にしておくのがかなり大変だということです。

現在、息子さんは二人とも別居、奥様は数年前に亡くなってます。

 


人が居なくなっても、家は小さくなることはないですから、手入れの手間がかかって大変です。

一度器が大きくなると、中身を少なくするのは大変ですね。


ミニマルな考え方を知る前は、家は広い方がすっきり広々して良いと思ってました。

今は他の家族のものが自由に片付けられないので、より小さい家に住みたいとまではいきませんが、今の家で要らないものを減らしていって過ごしたいと思ってます。

 

今年になってから大きめの家具を減らしました。減らした時には大仕事をした気分でしたが、無い事に慣れてしまうと何でもっと早く処分しなかったのだろうと思います。

 

ものを取っておくより空間として使えた方が過ごしやすいです。
キッチンワゴンを手放しましたが、無くなったお陰で夫と息子は寝転びながらゲームができるし、娘は踊れるし言うことが無いです。

 

大きめの家具が無くなると一畳分ぐらいのスペースが空きます。
物に塞がれたスペースと自由に使えるスペース。
どちらが良いかは言うまでもありませんね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村