±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

決定疲れを防いで快適に

人は1日に約6万回思考しているといわれています


人は一日に約六万回思考していると言われています。

 

持ちものが多いと思考することが増えてしまい、本当に判断したい時にエネルギーが残せません。ものを手放し決定疲れを防いで、快適に過ごしていきたいです。

 


学生の頃、テスト前はばたばたしていたなと思い出します。
どこに必要なプリントを置いたのか、どこで勉強するかなど本題の勉強の事以外にも色々と考えていました。


中学生や高校生の頃には、散らかりすぎた部屋を片付けてから、テスト勉強していました。

大学に通うようになってからは、片付けするのさえ大変で図書館でテスト勉強していました。

今思えば、賢くない方法を取っていたと思います。テスト前から「片付け」という判断しなければならない事が山積みになっていたのですから。実際のテスト勉強する頃には脳は疲れてしまっていたのでしょう。


自分の部屋が過ごしやすく、すっきりとしていたら、片付けや出掛ける手間が省けます。

テスト勉強も寛ぐのも自分の部屋でできるのが一番良いし理想ですね。

 

 

余分なものがある状態は、決定疲れをしやすくしてしまいます。

ものが視覚に入るだけでもノイズになるので、今自分に必要のないものは手放すと良いと思います。

 

朝、決定疲れになる前に、本当に取り組みたい事をした方が良いです。

 

今ブログの更新を出来るだけ続けていきたいと思っています。

一日のどの時間でも書けます。でも、記事として更新しても大丈夫だなと思えるのは、午前中から午後早い時間に書いたものです。

時間が遅くなればなるほど、文章が纏まらなくなってしまいます。

疲れた頭では文章も出てこないし、書いた文章を校正するにしてもチェックが甘くなってしまいます。

1日のスケジュールは午前中にブログの更新ができるように組むように心がけています。

 

朝起きて早い時間帯の方が決定疲れしていないので、物事を決めるのに向いていると思います。
その人によって集中できる時間も違うとは思うのですが、脳も決定疲れをするという事が頭にあるだけでも、重要な決定をする時間を考える事ができるので良いと思います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村