±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

【アドセンスの申請】サイトにリーチできない

アドセンスの申請 サイトにリーチできない


独自ドメイン『zeroplusalpha.com』を取ったのは、AmazonアソシエイツとGoogle AdSenseを運営してみたかったからです。

お問合せフォームとプライバシーポリシーについてを作った後、Google AdSenseの申請をしました。

 

「お客様のサイトにリーチできません」のアラートが出る

何度か試したのですが、「お客様のサイトにリーチできません」という表示が出てしまいGoogle AdSenseの申請には至らない状態です。

改善できないかと思い、いろいろ調べました。

 

ブログのURLは「https://www.zeroplusalpha.com」です。Google AdSenseでは「https://zeroplusalpha.com」も、私のブログとして「https://www.zeroplusalpha.com」へ転送させる必要があります。

URL「https://zeroplusalpha.com」とURL「https://www.zeroplusalpha.com」で同じサイトを見る事ができるということです。

では「www.」なしのURLは一体なんなんでしょうか?

 

「www. 」なしのURLにアクセスする時

Google AdSense申請時
Google AdSense申請時に「お客様のサイトにリーチできません」と出て承認されない場合、www.なしのURLが原因の可能性があります。

Google Analytics経由での流入
Google Analyticsでは自分のサイトにどこのサイトからアクセスがあったか確認できますが、その時「www. 」が省略されて表示されます。

Google AdSenseのヘルプにヒントが!

今回調べていたらアドセンス のヘルプのコミュニティでこのような表記が出てきました。

サイトのURLとして画面で https://[ドメイン名] と表示されているのなら、 https://[ドメイン名] でサイトが表示されなければなりません。一般的には https://[ドメイン名] から https://www.[ドメイン名] へ転送設定をして、サイトが表示されるようにしてください。

 
 はてなブログのようですので、はてなブログは、審査でこのようになるケースが多いので、しばらくしてから何回か審査に出していると、問題が解決する場合もあります。

  
https://[ドメイン名] から https://www.[ドメイン名] へ転送設定をして、サイトが表示されるようにすれば良いという事が分かりました。

「URLの正規化」がキーワードのようです。

はてなブログではこのようなケースが多いことも分かり、少しほっとしました。これで一歩前進です。

 

エックスフリーを使って転送設定したが…

転送設定する前だと、http://zeroplusalpha.comとURLを入力しても「このサイトにアクセスできません」と出てきてしまいます。

 

エックスドメインを使っているのですが、サイト転送設定が出来ません。

今回はエックスフリーをサーバとして使い、サイト転送設定しました。

登録後、DNSレコードを登録しては見たものの「https://zeroplusalpha.com」へ転送できないのです。

サイト転送できずエラーメッセージが出る



htaccessファイルを書き換えても見ましたが、上手くいきません。
エックスフリーはサポートがないので、私の知識ではこれ以上手も足も出ません。

 

サポート体制のしっかりしている会社へのドメインの移管を考えました。
ドメイン会社に問い合わせたところ、Whois情報公開代行を一時的に解除しないと移管手続きができないということが分かりました。

一時的とはいえ情報公開をしたくないのに設定していたものを外さなくてはいけない事に抵抗を感じ、移管ではなくドメインの再取得する事にしました。

せっかく取得したドメイン一ヶ月足らずで見切りをつけるのは勿体ない気持ちもしたのですが、悩んでもサイト転送ができるようになるわけではないです。勉強代だど思って他の会社でドメインを再取得して、申請したいと思います。