±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

【手放し】手放すのはエネルギーを使うけれど持ち続ければもっとエネルギーを使う

気持ちよく過ごせるようにエネルギーを使いたいですね




自分の持っているものを手放すのは、判断力が必要です。とてもエネルギーを使います。疲れることはしたくないと思うのも分かります。私もそうですから。


整理して片付けをしないまま今使わないものを持ち続けるとしたら、もっとエネルギーを使ってしまいます。

手放すのが遅くなるほど、手放ししなくてはいけないものが増えていってしまいます。

 

手放した方がすっきりと暮らせるようになると思うポイントを三つあげたいと思います。

維持・管理するための時間と費用が必要なくなる

洋服を例に挙げたいと思います。

着たら洗濯をしてアイロンをかけ、天気の良い日にはクローゼットを開けて風を通します。

家で洗濯できない場合はクリーニングに出します。

普段何気なくやっていますが、意外と時間と費用がかかっている事が分かります。

 

ものが置いてあった場所が片付く

ぎゅうぎゅうに詰め込まれた場所から目的のものを出すのは、手間がかかってとても大変です。

今使わないものを手放すとその分だけスペースができます。手放すものが多ければ、収納していた収納グッズも手放せるかもしれません。
すっきりした空間で大切なものをさっと取り出せるようになります。

 

散らかった部屋にいる事や捨てられない事によるストレスから解放される

散らかった部屋にいるのは大抵の人は疲れとストレスを感じると思います。

片付いたらすっきりするのにと思いながら、今使っていないこれから先も使わないだろうと思われるものを目の前にしているのは、自分で考えているよりもストレスだと感じています。片付けてみると気持ちが楽になるので、いかにストレスを抱えていたのかがわかると思います。

 

今使わないものを手放したら、日々の生活がかなり楽になってくるのではないでしょうか。

 

最初にものを手放す時には、確かにエネルギーを相当使います。

 メルカリなどへの出店やリサイクルショップでの買取りは、少しお金として戻ってはきますが手間がかかります。
リユースしてもらうのも持ち込む手間はかかります。
粗大ゴミや大量のゴミは自治体などへの手数料がかかります。

 

今必要の無いものへの手間や費用は過去の自分が片付けていなかったツケだと思って、一気に終わらせてしまいましょう。

 

今やらなくてもいつかは必ずやらなくてはいけなくなります。

一番自分が若いのは今です。後になるほど体力的にも精神的にも衰えて、手放す事自体できなくなってしまう可能性もあります。年代を重ねるにしたがって大変になっていきます。

今46歳ですが、この年齢でものを手放す事を始められて良かったと思います。
ダイエットになるかはわかりませんが、片付けをするとかなりの運動量はあると思います。
手放し始めてから、「掃除するのが面倒」と思う回数は減りました。
綺麗な場所にいるのは好きですが、元々掃除が好きではないです。でも、以前よりは掃除をこまめにするようにしています。
床に物がなくなり掃除しやすくなって、以前よりも掃除に対するハードルが下がった気がします。

 

今必要の無いものを持ち続ける方が、時間的にも経済的にも精神的にも勿体ないです。
ものを手放して身軽になると自分の好きなことをする時間と精神的な余裕を作ることができます。


今週末は三連休です。時間を見つけて片付けるのはいかがですか。
私は夏物と秋冬物の洋服をチェックしようと思っています。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村