±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

【アップデート】モバイルバッテリーを買い換えました

持っていたモバイルバッテリーは娘が使うので、ANKERのPowerCore 10000 Reduxというモバイルバッテリーを自分用に買いました。
充電器と一体型も考えたのですが、それぞれきちんとしたものが欲しいと思ったので、モバイルバッテリーの機能のみを考えて選びました。


パッケージはANKERのイメージカラーですっきりとしたデザインです。

ANKERのモバイルバッテリーのパッケージ



手に持った感じは軽くて小さいです。厚みがあるからちょっとだけころんとした印象。約184g、約104 x 52 x 25mm。幅はiPhone7とよりも小さいです。

モバイルバッテリーとカードの大きさの比較



カードと並べてみました。かなり小さいのがわかります。

 

iPhone7を20%→100%まで充電するのに、使用しながらで1時間55分。

これだけ早く充電できるのは凄いと思います。

充電残量表示が4つ点灯(100%〜75%は4つ点灯)のまま、iPhone7が充電できる容量があるのは外出時に本当に役にたちます。。iPhone7を実際に充電したところ約3.5回分充電できました。iPhoneXなどのスマホで約3回、タブレットに約1回充電が可能だそうです。最大2.4Aのフルスピード充電が可能。早いですね。


通常モードは青の点灯で、低電力モードは青の点灯+黄緑の点灯です。

(写真はモバイルバッテリーの残量ギリギリだったので黄緑の点灯しか見えません)

定電流モードでの充電



低電流モードを使用すると、イヤホンなど入力電流が小さい機器に対してもフルスピードかつ安全に充電が可能です。

うちのワイヤレスイヤホンにも、もちろん使えます。


スマホBluetoothのワイヤレスイヤホンを充電するのが主ならば、この値段ならお買い得だと思います。

 

強いて難点はを挙げるなら、取扱説明書が多国語で書いてあるのが見辛い事くらいです。最初に見るとちょっと面食らいます。

バッテリー本体についてデメリットを考えたのですが、個人的にはないです。

モバイルバッテリーに薄さを求める人には向いていないかなと思います。

 

災害時にもスマホは手放せません。モバイルバッテリーがある事で安心も手に入れられるのは良いと思います。

普段使うものが災害用品としても使えるのは非常に助かります。

 

 


www.ankerjapan.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村