±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

日頃の手入れが一番の手入れ

先日購入した炊飯器は、珍しく取扱説明書を読みました。決して褒められた話ではないのですが…

www.pmzplusalpha.com

 

大抵、何か買うと感覚で使い始めてしまいます。感覚で使えてしまうから、きちんとした手入れの仕方を知らないまま長い間過ぎてしまう事が多々あります。

これまでいろいろな機械を使っても、取扱説明書をあまり読まなくても何とかなってしまったから良くないのでしょう。


手入れの仕方を知らないまま、調子が悪くなるまで使い、修理したり買い替えたりする事が多いです。


今回、炊飯器の取扱説明書を読んでみて、こんなところも掃除するんだと思う場所もありました。

炊飯器の底面にある吸気口と排気口は、先代の炊飯器の時には掃除した記憶がないです。恥ずかしながら、取扱説明書を見て初めて存在を知りました。


今までも使い終わったら、洗えるパーツは全て洗い、拭ける部分は拭いて仕舞いはしていました。

夕ごはんの後は特に後になればなるほどやるのがめんどくさくなります。
自分だけがキッチンを使っている訳ではないので、色々なものの扱いが雑になります。家族も買ったばかりの頃には言われた事を覚えていても、食器を置く場所は気にしなくなっていきます。段々気が抜けてくるのか、炊飯釜の中に食器を入れ始めてしまいます。
実際、過去の炊飯器は程度の差はあれ、コートが剥がれ炊飯釜を痛めてしまいました。

炊飯釜の部分だけでなく、パッキンの部分の不具合もあったので買い替えたのですが、今度こそは寿命まで使いたいと思います。

 


結婚した頃、伯母に「道具が長持ちするから、毎日の手入れはしっかりするのよ」と言われたのを思い出します。とても働き者の伯母の家のものは、良く手入れが行き届いていて長持ちしているものばかりでした。


伯母は、私の母があまり片付けが得意でないことを解っていて、私に言ってくれました。自分の中ではお守りのような大切な言葉です。

 


日々の手入れが一番の手入れだと、日々の家事も丁寧にしようと思います。
何か特別に日を設けてお手入れをすると意気込むより、少しずつできる事をしている方が長い目で見て楽に続けられます。自分にとっても道具にとってもその方が良いと思います。

一日に全て手入れをするのは不可能だけれど、順番にやるようにしています。
一ヶ月単位で大雑把に予定を組んでしまうと、比較的取り組みやすいです。

 

今家にある道具は、手放さずにこれからも使い続けようと思っているものです。できるだけ長く使うために、日々の手入れはこまめにしたいと思います。

少しずつ続けている方が時間がかからず、他のことにゆっくりと使うことができます。ミニマルな暮らしをしたいと思うと、こういう事も気をつけたらいいのだなと思います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村