±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

平面にあるもの達はお引き取り願います

机の上や床の上、棚の上など、平面が綺麗になるとそれだけで部屋全体の雰囲気がすっきりします。

 

寝る前にはコンロからシンクまでの空間とテーブルの上のものを片付けます。

コンロからシンクまでの空間は次の朝直ぐに使うので、やはり綺麗にしておきたいです。

シンクの中に洗い物を朝まで残しておくのが苦手です。日によっては次々と出てくる弁当箱で、洗い物がいつになったら終わりになるのだろうと思う時もあります。

疲れている時は、後から出てきた弁当箱を洗ったり、洗ったものを棚に収めたりするのが億劫になる事も多いですが、朝の自分の気分を考えると、少し寝るのが遅くなってもいいから片付けます。

 

すっきちした状態で朝を迎えたいです



出ているものが多いですが、ワンアクションで出来るだようにしないと家族に必要以上に散らかされてしまうので、今はこんな感じです。
朝起きた時にこのくらい片付いていると、弁当を作り始めやすいです。朝の5分って貴重ですよね。

 

テーブルは他の家族のものが散らかっていることも多いですが、その時はすぐ近くにある棚の一時置き場に纏めて置くようにしています。その時に棚の上もざっと定位置に戻します。

 

床の上に常に何もない状態は無理だけれど、寝る前には出来るだけリセットしています。リビングにある座布団を揃えて、バランスボールを端に寄せ、ゲーム機を定位置に戻します。それ以外は翌日家族を送り出してから片付けます。

 


ミニマルな暮らしを過ごしたいと思うまでは、床にものがあると邪魔だなとは思っても、根本的に片付けるところまでいかなかったです。掃除する時だけちょっと移動する感じでした。

 

特に子どものものは本人に片付けさせたいという思いが強く、中学生や高校生になってまで、なぜ私が片付けなくてはならないのかと思っていました。

 

今は掃除をするスペース(=共用スペース)に個人のものがあったら、部屋にお引き取り願っています。
すっきりと気持ちよく過ごしたいと思ったら、自分が動くしかありません。
各自のものをそれぞれの部屋に移動させて、スムーズに掃除できるようになるとイライラが減ります。

 

昼間、ものは定位置からいろいろな所に出ていくから部屋も散らかります。
毎日夜のルーティンに平面上のものをリセットすることを加えると、翌朝が気持ちよく始められるようになりました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村