±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

【ミニマリストを目指して】失敗から学ぶ事は必要

失敗から学ぶことは大事


失敗から学ぶ事は多いですし、次の機会に活かしたいと思っています。

家電を買うときより洋服や文房具を買うときの方が失敗率が高い気がします。見栄とか他人の評価とかいらない基準が入り込みやすいからかもしれません。また他のものよりも比較的買いやすい値段だからでしょうか。

 

 

七月の終わりに白のワンピースを手放しました。


大切だと思っていたから仕舞こんでいたのですが、クリーニングに出してあったにも関わらず染みだらけで着ることができませんでした。

 

学んだのは「クリーニングに出しても保管に注意する」と「気に入った洋服は普段から着る」ということでした。洗濯できるものなら、日々着ていれば、家で洗濯してその都度染みがないかチェックできます。

クリーニングに出さなくてはいけない綺麗目な服もちょっと畏まったと時に着る物だと思い込んでいて、全く着ていなければ結局着られるなくなり非常に勿体無いです。

 

 

 

今シーズンTシャツは一枚だけ買いました。

HanesのBEEFYというものです。ミニマリストしぶさんはこれをご愛用だとか。このTシャツはお勧めしている方が多かったので、買ってみました。

 

Tシャツはとても良いものでした。生地もしっかりしていて下着がほとんど透けないというのはありがたいです。デザインもオーソドックスで大抵の人に似合うと思います。

 

私にとってこのTシャツには三つ問題があります。


Tシャツに合わせられるボトムがデニムだけで、コーディネートがそれだけになってしまいます。
他のスカートにはこのTシャツはカジュアル過ぎてしっくりきません。


Tシャツの白さが自分の顔に似合わないのです。なんだか新品の体操着を着ているような感じになってしまいます。首の形の問題もあるのかもしれませんが。


致命的なのは私の首の太さとTシャツの首回りの大きさです。クルーネックは息苦しいほどきつくはないのですが、私にはあまりゆとりがないです。試着ができないパッケージ売りはイメージと違うという事が起きるので、今後は控えます。

 

夏のトップス5枚のうち、1枚は迷い箱に入れているので、実質4枚。このTシャツをカウントしないと3枚になってしまい、流石に洗濯が間に合いません。ご近所着で且つ作業着兼部屋着として着ています。もしかしたら、近いうちに手放してしまうかもしれません。

他の人が良いからといって、自分にも合うとは限らないですね。

 最近はカジュアルな格好よりやや落ち着いたデザインで、パンツよりスカートを履きたい気分です。これまでの自分の基準と今の基準が変わってしまっている事に気がついていないから、失敗したのだと思います。

 

 

何事も失敗は付き物。失敗したら、何故失敗したかをちゃんと頭にインプットしておきます。
失敗しない人はいないから、少しずつ回数を減らしていけたらいいなと思っています。

 

なかなか1軍だけのワードローブにするのは難しいですね。
明日から九月。
失敗を教訓に本格的に秋から活躍してくれそうな一軍候補を探したいと思います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村