±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

【アップデート】炊飯器が進化しました

炊飯器の調子が悪くなっていました。

経年変化かパッキンの部分が悪くなってしまい、圧力のかかり方にばらつきが出てしまいます。炊き上がりも変わってしまい、特にご飯好きな夫と息子に不評でした。

 

来月9月は結婚記念日があるから、そのお祝いで買おうかと話していました。

うちでは出来るだけ大きい出費は、前もって予算を取っておき、月毎に平均的になるように使ってます。

 

しかし、思わぬところから不満が出てきました。「僕はもっと美味しくご飯が炊けていたら、お菓子を食べないでご飯を食べるのに」と息子が言います。

親としてはお菓子をたくさん食べるより、ご飯を食べてくれる方がいいですもの。

 

早速注文して、昨日届きました。

毎日食べるご飯を炊くものだから、だいぶ奮発しました。

TIGER 炊きたて 360°design のホワイトを選びました。以前もタイガー製のものを使っていましたので、安心感があります。

 

炊飯器を上から見たとこと


 

今まで頑張ってくれていた炊飯器と比べると少しすっきりとした外観になっています。余計な持ち手も無くなりました。シンプルなデザイン。

 

前の炊飯器との比較


 

炊飯器を買わないという選択肢は、今回は無かったです。

ご飯は鍋でも炊けるのは分かっているのですが、毎日朝暗いうちから起きて鍋で炊くのは、数日はできても毎日は難しいです。

 

 

実家には炊飯器がありませんでした。今考えると、父親のわがままから始まった事からとはいえ、毎食鍋で炊いた炊きたてのご飯を食べられたのは、恵まれた事だったのだと思います。母に感謝です。

 

 

新しい炊飯器ではいろいろなメニューは増えてはいましたが、同じ会社のものを選んでいるので操作系は直ぐになれました。

 

炊飯器のメニュー画面

 

昨晩、今朝と「極うま(1時間かけてじっくり炊き上げる)」モードで炊いたご飯を食べてみましたが、大変美味しく満足です。柔らかめなご飯が好きなのですが、ベタつかずもっちりとした食感でした。

 

蓋を閉める時も圧力がかかっていたのがわかるくらいで、しっかりと閉める必要があります。六年ほど前に買ったものとは全く違いました。家電も日々進化しているのですね。

 

 

今回の炊飯器で四代目。結婚して21年目での買い替えです。

 

この子はどのくらい長持ちしてくれるでしょうか?私の手入れの仕方にかかっていると思います。内釜にうっかり食器を入れないように気を付けねば。

 

日々の手入れで持ちが変わってくるので、今まで以上に大切に使いたいと思います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ミニマリストな生活 & シンプルライフ