±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

【ミニマルに暮らす】ノイズの少ない部屋に住まう

ノイズがない状態は過ごしやすいです


日中はLDKか自室にいます。

 

ノイズのない部屋で日々過ごしたいと思ってます。視界に余分な情報が入ってくるのは、落ち着かず疲れてしまいます。
HSP(Highly Sensitive Person)という気質を持っているから、余計にそう感じるのだと思います。

 

 

自室は自分の思う通りに片付けられるので、ストレスが溜まりづらいです。 

第一に色のばらつくものは一箇所に見えないようにしまうようにしています。

第二に空間の余白が残るように心がけています。


以前は、物が多くてオープンな棚の中が満杯になっていて、機能的でもおしゃれでもなくごちゃっとしていました。


今は以前よりも物を減らしたので、四つあった棚が二つに減りました。細かいものも減りましたが、大型の家具が減ると開放的な空間になりますね。

 

 

みんなが集まるLDKでも同じようにノイズを減らしたいと思っていますが、苦戦を強いられています。

 

ノイズを減らす為に、隠す収納を考えました。
私はノイズを減らす為になら、引き出しの中にものをしまうのは苦になりません。

夫と息子は出したものを出したところに比較的戻せます。しかし、娘はそれができません。自分が使うものは出す事ができても、しまう事は殆どしないです。 

 

隠す収納は、更にワンアクション動作が増えてしまいます。きちんと片付けのできる人には向いているのでしょうが、片付けが面倒と言っている人には向いておらず、出しっ放しが増えてしまうだけです。

隠す収納はうちの家族には向いていないようです。

多くても2アクションで物が使えるような、それでいてノイズになりにくい収納にしようと工夫しています。

 

LDKに置きっ放しの娘の荷物はすんなりと部屋に持って行ってはもらえないです。他の二人も細かいものはおき忘れてしまうときもあります。ずっと家にいる私にとってはこれはちょっと不満です。


片付けないものは、最近ようやく自分が各々の部屋に持って行ってしまうと切り替えました。片隅においておくだけです。私は一切片付けません。自分のものは自分の部屋の中に片付けて欲しいのです。
特に子ども達には自分で部屋に持って行って片付けをして欲しかったのですが、待っているとかえってストレスになってしまいます。

 
年頃の子ども達の部屋に入るのは、正直私も嫌だし当人達も嫌だろと思います。しかし、片付けていなかった事は分かっているので、今のところ本人たちからのクレームは来ていません。何か言われても受け付ける気もないですが。
なんとかみんなが過ごす場所には、ものを置きっぱなしにさせないようにしました。

 

 

共用スペースはできるだけ何もない状態にして掃除するようにしたら、随分と気持ちが楽になりました。
今までは一回一回ものを退かしてイライラしながら掃除していました。
何もそんな事で私が我慢しなくても良いのですよね。

 

物が少なくなると掃除が格段にしやすくなります。家事が苦手な私でもなんとか毎日掃除できるようになりました。
どのレベルで掃除ができていると定義するかは人それぞれです。うちの場合は私が入院していた状態がベースラインなので、掃除機をかけただけでも頑張って掃除をした事になります。かなりゆるいラインですね。

 

ノイズも掃除をした分だけ減りますし、片付いて掃除のできた部屋は気持ちがいいです。


一番長い時間を過ごす場所が居心地よくなると、毎日が楽しくなる気がします。

 


自分の持ち物を必要な分だけにしただけで、こんなに暮らしやすくなるとは、「ミニマリズム」「ミニマリスト」「ミニマル」という言葉を知る前までは考えられませんでした。

 

物が片付くと頭の中や気持ちまですっきりするのは、不思議なものです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村