±0+α 〜Live lightly〜

少ないもので身軽に暮らす、ミニマルライフ

【ミニマルに暮らす】こんな風に考えて手放したら気持ちが楽になった

ミニマルに考えると気持ちが楽になります


今年初めからどんな風に物を手放していったかについて書き留めておこうと思います。これから先はまた違う考え方や方法で手放す事もあると思いますが、今の自分に合った手放し方です。

 

いろいろなミニマリストの方の本やブログを読んで実践して実験しています。

ミニマルな生活を目指して今までの生活を見直している身としては、先輩方の考え方や方法はとても参考になります。

少しずつ自分の取り入れやすい方法で今は手放して片付けるのを実践中です。

 

 

 

片付けをして物を手放す時は頭の中がフル回転な上、身体も使うのでとてもエネルギーを消費します。

 

それまでは漠然と必要だと思っていたものを新たに判断し直して、三軍や四軍は手放すということです。これまでの自分がやってこなかったとはいえ、判断をしないで溜め込んでいたものと対峙するのは悲しいやら切ないやら複雑な気持ちです。

 

そういう訳で私は片付けは、午前中のうちに判断するようにしています。

 

 

一回の片付けでは同じジャンルのものを片付けると決めます。

今日は文房具だけとか。洋服でもアウターだけとか。

あとは引き出し一杯分だけとか。

出来るだけ同じ場所に全部出して判断します。

場所で決めるとジャンルがばらつく事もあるから、ちょっと片付けるスピードは落ちますが、ここだけは綺麗にしたぞという達成感があるので、このやり方もやっています。

 

一日に少しずつ手放すのは、自分の持ち物の総量が分からない間は、必要かどうか判断できなかったので、脳のキャパシティが狭い私には向かなかったです。

 

 

 

漠然と片付ける場所を決めてしまうと、違うジャンルのものが出てきた時に判断する事が難しいです。ものの種類が多いと頭の中でいろいろな判断基準と照らし合わせなければならないです。そうすると手放すスピードが落ちるので、出来るだけやらないようにしています。あれもこれも欲張っても、判断力が鈍るだけです。

 

 

 

片付けぐせがつくまではあまり欲張らない方が良いと実感しています。

 

すっきりした気持ちで暮らすのはこれから先もずっと続けたいことです。

トップスピードで走り続けることはできません。

 

そもそもゆったりと好きな事をするために片付けているのに、欲張って片付けたせいで片付けが嫌になってしまっては本末転倒ですもの。

 

 

せっかちな性格で欲張って片付けてはみても、何日かバテて何もできないと言うのを何回か経験しました。これを繰り返すとかえって部屋が散らかると思ってからは、スピードのコントロールにも気をつけるようになりました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村